KOHWA SOHGOH LAW OFFICES

サイトマップアクセス日本語English中文(简体)

メンバー

HOME > メンバー > プロフィール

豊田 愛祥 Yoshinaka Toyoda

資格
弁護士
経歴
1961年 
早稲田高等学校卒業
1966年 
早稲田大学第一法学部卒業
1970年 
弁護士登録
1988年〜
日本交渉学会理事
2011年〜
原子力損害賠償紛争審査会特別委員
2013〜2014年
仲裁ADR法学会常務理事
専門・取扱分野
労使関係紛争(使用者側)、相続法、不動産取引法
所属
第一東京弁護士会
日本交渉学会(理事)
NPO法人交通事故解析士認定協会理事(2005年〜2007年理事)
日本法社会学会会員
日本労働法学会会員
法と経済学会
使用言語
-
実績
-
著作
「弁護士と交渉技術」『和解は未来を創る−草野芳郎先生古稀記念−』
(信山社:2018年3月)
「後で遺言の効力を争われないためには」『事業継承特例法と事業継承の法務・税務』
(三協法規出版:2009年6月)
「弁護士への交渉教育」『JAPAN NEGOTIATION JOURNAL 第21号』
(日本交渉学会:2009年3月)

「成田空港反対闘争の意味するもの」『小島武司先生古稀記念 民事司法の法理と政策』
(商事法務:2008年8月)

『ロースクール交渉学』(共著)
(白桃書房:2005年7月)
『交渉ケースブック』(共著)
(商事法務:2005年4月)

「反対尋問における弁護士の役割」『弁護士活動を問い直す』(共著)
(商事法務:2004年10月)

『リーガル・ネゴシエーション』(共著)
(弘文堂:2004年7月)

交渉における戦略的発想の重要性−軍事戦略思想に学ぶ」『Japan Negotiation Journal 14巻1号』
(日本交渉学会:2004年)

『交渉ハンドブック−理論・実践・教養』(共著)
(東洋経済新報社:2003年8月)

「座談会 法律実務家のスキルとしての交渉」『判例タイムズ1044号』(共著)
(判例タイムズ社:2001年1月)

「一つの交渉構造論−交渉の発展的性格に着目して」『Japan Negotiation Journal 9巻1号』
(日本交渉学会:1999年)

「訴訟代理人の立場からみた争点整理」『新民事訴訟法の理論と実務』(共著)
(ぎょうせい:1997年10月)

『「ハーバード流交渉術」を超えて−日本人も交渉上手になれる』(共著)
(ストーク:1995年5月)

「示談・和解と交渉技術」、「建築紛争」『民事実務読本検敲夢】和解・法的交渉』(共著)
(東京布井出版:1993年12月)

「エセ同和団体の交渉術」『Japan Negotiation Journal 1巻1号』(共著)
(日本交渉学会:1989年10月)

「証明・事実認定」『民事実務読本III』(共著)
(東京布井出版:1989年8月)
講演
-
メンバー一覧
このページの先頭へ

Copyright (C) KOHWA SOHGOH LAW OFFICES, All right reserved.
アクセス サイトマップ